「分別管理」について

エメラダ株式会社は、お客さまよりお預りしている金銭を、当社自身の資産とは区別して、お客さまの「分別金」として取り扱い、信託銀行に「分別金信託」として信託します。(信託した金銭は信託法に基づき厳格に管理されます。)

例えば、次のような金銭が、お客さまの「分別金」として取り扱われます。 

  • 有価証券の買付けに充てるためにお客さまよりお預りした現金で、有価証券の受渡が完了するまでのもの
  • 受渡日を過ぎたご売却代金等で、当社の預り金となったまま、お客さまが受け取られていないもの

「分別管理」とは:

証券会社がお客さまからお預りした有価証券や金銭などの資産を、証券会社の資産と厳格に区分して管理することにより、証券会社が万一破綻した場合でも、お客さまの資産が保護される制度のことをいいます。平成11年4月より、金融商品取引法第43条の2で分別管理が義務付けられています。

平成29年11月1日