利益相反管理方針

エメラダ株式会社(以下、「当社」といいます。)は、金融商品取引法第36条第2項および金融商品取引業等に関する内閣府令第70条の4第1項第3号の規定に従い、お客さまの利益を不当に害するおそれのある取引(以下、「対象取引」といいます。) を特定および類型化し、対象取引を適正に管理するため、以下のとおり利益相反管理方針を定めます。

  1. 利益相反管理の対象となる取引の類型

    当社が、管理の対象とする利益相反取引の類型は、下表のとおりです。

    お客さまと当社の利益相反 お客さま相互間の利益相反
    利害対立型 お客さまと当社の利害が対立する取引 お客さまと当社の他のお客さまとの利害が対立する取引
    競合取引型 お客さまと当社が同一の対象に対して競合する取引 お客さまと当社の他のお客さまとが競合する取引
    情報利用型 当社がお客さまとの関係を通じて入手した情報を利用して当社が利益を得る取引 当社がお客さまとの関係を通じて入手した情報を利用して当社の他のお客さまが利益を得る取引
  2. 対象取引の管理方法

    当社は、利益相反となる取引を特定した場合、その取引の特性に応じ、以下に掲げる方法その他の方法を適切に選択し、または必要に応じて適切に組み合わせることにより、対象取引の管理を行ってまいります。

    1. 対象取引を行う部門と当該お客さまとの取引を行う部門を分離する方法
    2. 対象取引または当該お客さまとの取引の条件または方法を変更する方法
    3. 対象取引または当該お客さまとの取引を中止する方法
    4. 対象取引に伴い、当該お客さまの利益が不当に害されるおそれがあることについて、当該お客さまに適切に開示する方法
  3. 利益相反管理体制

    当社は、適正な利益相反管理を行うため、業務担当グループから独立した利益相反管理統括部署を設置し、対象取引の特定および利益相反管理を一元的に行ってまいります。 また、当社の内部監査部門では、利益相反管理にかかる業務運営の状況について、定期的に監査してまいります。

以 上
平成29年11月1日